<< | 2/1031PAGES | >>

北大路魯山人刻の木額「御水引老舗」 京都市上京区

 

 


 

 

 





北大路魯山人(きたおおじろさんじん)書・刻の木額

元祖 御水引老舗 

*右から読みます


京都市上京区

















落款部分拡大

戊午孟春為源田善右衛門君魯卿山人作[印【北大路氏】【大観】]

 

 

 

 

 


北大路魯山人作のこの大看板(幅約5メートル・材ケヤキ)は、

京都市上京区中立売通堀川東入る南側に建つ

老舗「源田紙業株式会社」のビルに

ド〜ンと掲げられています(濡額)。
 


魯山人がこの木額を刻したのは

戊午(この場合は1918年〔大正7年〕にあたります)孟春(一月)


魯山人35歳。
 


電車で行くなら、

京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」から歩いて20分以内です。
 


源田紙業は771年創業(゚ロ゚)。

日本最古の和菓子屋さん「一文字屋和助〔京都市北区〕」(1000年創業)よりも

200年以上も古いことになります。
 



 

 

 

 

 

 





ac刻字京都上京区北大路魯山.jpg






a北大路魯山人御水引老舗招牌.jpg













d刻字看板書道北大路魯山人御.jpg











e木彫北大路魯山人御水引老舗.jpg





















a北大路魯山人きたおおじろさ.jpg

北大路魯山人


きたおおじ‐ろさんじん【北大路魯山人】
陶芸家。本名、房次郎。京都生れ。
はじめ書・篆刻で名をなし、のち料理・食器の研究にあたる。
北鎌倉に窯を築き多彩な陶磁器を製作。(1883〜1959)
広辞苑

 







b拝啓魯山人タイガー炊飯器土.jpg


拝啓 魯山人先生・・・

炊飯器の広告














m北大路魯山人すき焼き料理.jpg

すき焼きを料理する魯山人








f苔水竹風情京都きょうと夏涼.jpg











a石仏寺院日本庭園竹林苔京都.jpg












gまだけもうそうだけ風情井戸.jpg











e鯉池錦鯉紫陽花垣根こい.jpg













aa日本庭園茶室竹林チクリン.jpg





*これらの庭園写真と魯山人は、関係がありません。。









tキョウトナラチャシツ日本庭.jpg








◇◇◇







(↓会津八一[あいづやいち]書)





こちらは、
東京日本橋の古美術店・壷中居(こちゅうきょ)の木額
壷中居 秋艸道人(62×187センチ)

会津八一書(昭和6年の夏)
 




at会津八一書招牌壷中居東京.jpg




この看板↑が店の軒にあがったあと、

魯山人がたまたま店にやってきました。


しばらく見上げ、


ウームと唸って立ち去ったということです。


 
後日店に来た会津八一に、

番頭がその時の様子を伝えました。


 
その時八一は眼を細め、


一言「ホウ」といって


黙っていたということです。
 

 
会津八一は昭和31年11月21日逝去、

北大路魯山人は昭和34年12月21日逝去。

二人とも76歳でした。





東京日本橋壺中居美術店」

*木額は店内

 











ai会津八一と歌碑かずがのに春.jpg

会津八一と歌碑(奈良)


あいづ‐やいち【会津八一】 
歌人・書家・美術史家。
秋艸(しゅうそう)道人と号す。
新潟県生れ。早大卒。
万葉風を近代化した独自の歌風を確立。
歌集「鹿鳴集」、書跡集「遊神帖」など。
(1881〜1956)






ae會津八一昭和28年あいづや.jpg

会津八一








◇◇◇








篆刻印の話に変わりますが、






rc谷崎北大路魯山人潤一郎検.jpg

篆刻印印影・約12ミリ角 「潤一郎」



私は谷崎潤一郎のこの印↑はけっこう好きで、
(「郎」左下部の処理の仕方に何ともいえない魅力があります)

この印影を机の横に貼付けて時々眺めています。



刻者は魯山人です。



以前、谷崎展に、谷崎が用いていた印が二顆展示されていて、

その小さな印面をガラス越しに凝視したのですが(単眼鏡で)、

そのとき、

上↑の印の刻者は魯山人、

ということがわかりました。


展覧会でその印を見るまでは

上の印影の印は、

誰が刻したものなのかわかりませんでした。



下↓の画像が印本体です。

印影は展示されていませんでしたが、

印影は家でときどき眺めていましたので、

印面をみたときに、

すぐに

「あっ、あの印はまさにこれだ」とわかりました。


↓図録より
ra北大路魯山人刻印潤一郎谷.jpg

北大路魯山人刻谷崎潤一郎所用印

1919年(大正8年)刻

魯山人36歳


このとき谷崎は33歳














印影再掲載

rc谷崎北大路魯山人潤一郎検.jpg









ra谷崎第一高校友会雑誌新渡.jpg


第一高等学校校友会雑誌委員の新旧交替記念

明治41年5月

前列左より2番目谷崎潤一郎(22歳) 前列中央・新渡戸稲造校長(46歳)



↓拡大
sa谷崎じゅんいちろうにとべ.jpg














山形の地方新聞社への就職を決めたときの記念写真。

前列中央・潤一郎
明治43年









でも、実際には行かなかった・・・








にとべ‐いなぞう【新渡戸稲造】
思想家・教育家。南部藩士の子。
札幌農学校卒業後、
アメリカ・ドイツに留学。
京大教授・一高校長などを歴任。
国際平和を主張し、
国際連盟事務局次長・
太平洋問題調査会理事長として活躍。
カナダで病没。
英文の「武士道」ほか
「農業本論」などを著す。
(1862〜1933)

 
 
たにざき‐じゅんいちろう【谷崎潤一郎】
小説家・劇作家。東京生れ。東大中退。第2次「新思潮」同人。
「刺青(しせい)」「少年」など、
耽美と背徳の空想的な世界を華麗に描いたが、
大正後期から日本的な伝統美に傾倒し、
王朝文学の息吹きを現代に生かした新しい境地を拓いた。
作「蓼喰ふ虫」「春琴抄」「細雪」
「少将滋幹の母」など。文化勲章。(1886〜1965)

 
 




oh作家谷崎潤一郎南禅寺東山1.jpg

谷崎潤一郎











タニザキジュンイチロウたにざきじゅんいちろう

谷崎潤一郎









ol谷崎潤一郎の両親(倉五郎.jpg

谷崎潤一郎の御両親(倉五郎と関)

明治20年頃






◇◇◇

 

北大路魯山人生誕地 京都和玄メモ



八百三(やをさん)の柚味噌(ゆうみそ) 京都和玄メモ



聘珍樓(へいちんろう)の肉まん・あんまん和玄メモ




◇◇◇


文人愛用味わい住所印ギャラリー・26――小説家・劇作家・評論家 坪内逍遥和玄メモ







京都国立近代美術館 2015年6月19日〜8月16日
ユネスコ無形文化遺産登録記念 北大路魯山人の美 和食の天才















 

スポンサードリンク
・・・・・・・・・・







 

 

 

スポンサードリンク

・・・・・・・・・・










スポンサードリンク

◇◇◇◇◇

 











ほらはやく底力をみせようよ.jpg









◇◇◇










前世代の二の舞だけは避けなきゃねぇ。 喫緊の課題を自分たちで解決しようとする気配すらも見せずにそのままホントにみんなリタイアって・・・。 ああ。 そんな世代の真似なんかしていると、結局は自分たちの首を自らしめるだけ。 「 誰かにやってもらえばいいんヨ 」 じゃ、絶対にダメなんヨ。 誰かの、その場逃れの強がりを、皆で鵜呑みになんかしていてどうするのさ。 いざと言う時、その人たちが実際に解決できるわけでもないんだよ? そんなの、自分たちが手掛けられないことをうまく隠すための詭弁に決まってるじゃん。 うかうか信じている場合じゃないって。。 最初から、自分たちの力で解決するという以外に選択肢なんてないんだよ? 次も誰かにやってもらうとか、完全に 論外 だから。 で、一体あと何年くらい恥をかき続けるつもりなのさ。 ――いくらなんでも今はもう本気で焦っていらっしゃいますよね。 誰かの無責任な詭弁が皆の頭の中を十数年もの間、呪文のようにずっとずっと支配していて、近頃ようやくそれは本当はただのマヤカシだったんだとハッと目が醒めたと思うんだけど、そういう解釈で合っているよね。 他人のアタマで物事を考えるからそんなことになるんだよ。 自分たちの頭で考えなきゃ。 何枚舌も使う誰かの発言を鵜呑みにしたことによって傷口が広がってしまったんだよ。。 化膿さえもしてるって。 自分たちがどういう状況におかれているのかくらい、自身の頭で把握できなきゃダメだって。 あの時点からそれなりのキャリアの人は皆、目の色を変えなければならなかったんだ。 強がっている人の気持ちを察してそっと援護してあげなきゃならなかったんだ。 ほんとにもう何年も前から一刻の猶予もならぬ状況なんだし。 本当に、もたもたとしていられないはず。 皆がそういう張り詰めた姿を見せていれば、誰かがあのような状況になることもなかったと思う・・・。 そのかたって裏ではほんとは必死だったんだよ。。 病的にいつまでもしつこく付きまとわれる者の身にもなってよ。 こちらはもう関係ないのにさ。。 物事が動いてからジタバタ・ガタガタ・バタバタしたり、ごちゃごちゃ・うだうだ言ったりしてももう手後れだって・・・ 常軌を逸した付きまといって、どれだけしんどいか・・・。 魂胆が成就することを前提にしてそちらでは強がっていらしたとか、運びがハチャメチャすぎるよ。。 しかも相変わらず必死に要点を外して進めようとされていたみたいだけど、そんなことをせずに最初から要点をはっきりと伝えてくれた方がよかったかも。 尤もらしい物事を示そうとする時点で、その魂胆にこちらは疲れ切っちゃうよ・・・。 自分のやり方によっぽど自信があるのかもしれないけど、すべてが裏目に出てしまったんだよなあ。 サクシなんとかに何とかする、のまんまじゃん。 ――というか、何を措いても何としても解決しなければならない課題は一体何なのか、くらい、それほどとことんまで追い詰められるだけ追い詰められなきゃ、わからないものなのか?  現状ってさ、むろんどこまでも仮の状態でしかないんだよ?  なぜ、いいキャリアの者が誰一人として、いつでもピンチヒッターの役割を果たしえる準備を自主的にこつこつとしてこなかったの。。 全員の頭上を飛び越えて解決しなければならないってさ。 くやしくないのか。 首根っこのあたりがものすごく苦しそうに見えるんだけど、、大丈夫? あと、いばらの生い茂った森にいきなり突き落とされて、本当に何も感じなかった? まあ本人たちが苦しくない、痛くない、これでいい、って言うんならそれでいいんだけどさっ(余計なお世話だね)。 それはそうと、その分野の恐怖を認識できる境地にまで、誰か一人でも到達できているのかなぁ・・・。 一番大事なのって、そこだよ? それを認識できない限り、現行以上のものは逆立ちしても生み出せない。 断言してもいい。 で、やるならすべてを五日間くらいで片付けなきゃね。 あなたたちよりはるかにはるかに才能と能力の高い人でさえ、死に物狂いで生み出さなきゃならないんだ。 ――すべきこと、わかるよね。 それなのに、いまだに飽きもせずに、なんとか会ってさ、、そんなヒマなんて、とてもとても・・・(≧w≦)  それってもうほぼ滑稽劇じゃん。。 その間に壁がますます高く高くなっていくぅ。 運営の最大の急所を部外者に押さえられた半人前のグループに余暇もへったくれもあるかいな・・・。 その分野の恐怖を認識できるまでの感受性がないから、そんな間抜けなことをしていられるんだよ。 あの時点から状況が一変して、もはや得意顔でそんなことをしていられる状況ではなくなったんだ・・・。 全員がめいめい他人事だと思っているのか。。 緊急事態にいつでも対応しうる準備をしている人間がいてこそできることであってさ、その前提が崩れたのなら、もうそんな余裕なんてどこにも無いんじゃないの? 突然今日から自力で生み出さなければならない状況になるかもしれないんだよ。 代わりにやってくれる人なんてどこにもいないよね? ツケを払うのはあなたたち自身であって部外者じゃない。 誰が助けてくれるっていうの。。 危機管理を行うのは、(当たり前だけど)第三者じゃないからねぇ〜。 すったもんだの末、業務中に全員で訓練する、という方法に行き着いたようだけど、たとえあと何十年かかったとしてもその方法によって現行以上のものを生み出せるようになるならば万々歳。 私は最初から何十年でも応援するつもりだよ。 それを手掛けられる者こそが、最高の実力者であり、実質的に全体を支える、実質的な大将だからね(私はその方面の物事では、それを手掛けられる人の能力しか認めていないよ)。 で、手掛ける人に対しては、きちんとした場所で、差し向かいで、正々堂々とお願いしなきゃだめだよ。 核心部に関わる話なんだもの。 深刻なものだからこそ、あまり深刻に伝えずはぐらかしたいという、そういう機微は私にはよくよくわかるんだけど、そこを簡単に済ませようとすると結局はギリギリのところでひょいっと梯子を外されるから。  ともかく、今後15年〜20年間くらいはいろんな意味で相当大変だと思うけど、まあそういうものだと思って頑張って!! 遠くから健闘を祈っています。 一刻も早く一人前のグループになってね。 自分たちを信じて!

持ち場のど真ん中じゃないの.jpg

◇◇◇



せめて危機感や違和感ぐらい、ハヨウもちなはれ。


suzuriへ


広告



        

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
        

profile

手作り住所印のお店「寧洛菴」

手作り住所印のお店「寧洛庵」はこちら
あなただけのオリジナル住所印をお作りします。

「寧洛菴」は、日本で唯一の篆刻住所印専門店です。

お届けまでの日数は、現在約60日間いただいております。《誠に勝手ながら、多忙につき暫く休業致します(受注およびお問い合わせも休止させていただきます)。再開日は未定です。誠に申し訳ございません》

entries

categories

archives

オリジナルグッズ販売中!

        

スポンサードリンク

        

links

search this site.

others

mobile

qrcode