アゲハ蝶の幼虫 (※幼虫嫌いの方は閲覧注意)


 

近頃、窓の外にヒラヒラとアゲハ蝶が楽しそうに飛んでいる姿を二度見て、


「ちょっと珍しいな」と思っていたところ、



 
なるほどそういうことか、

 
バルコニーのキンカンにアゲハ蝶の幼虫がいたことに気づきました。
 
 


小鳥
小鳥の姿をよく見かけることもあって、
 

葉っぱについている茶色っぽいものや、バルコニーの床に落ちている小さなグレーのツブツブは、
鳥のフンだとばかり思っていました。。
 
bアゲハチョウ幼虫.jpg

幼虫の、まだ小さいとき。
(擬態によって見つかりにくくしている)

 
 

 
葉っぱについている細長いものが幼虫の小さな頃の姿で、
床のツブツブは幼虫のフンでした。


 
幼虫はモクモクと懸命に若葉を食べます。葉をはんでいる音がかすかに聞こえるほど。
とりわけ、出たばかりのやわらかい葉を好みます。
 

 
c揚げ羽チョウ幼虫.jpg 

だんだんと成長してきました。

 
 
dあげはちょうヨウチュウ.jpg

目のようなものは「眼状紋」というようです。

g揚羽ちょう幼虫.jpg
 
 
 

よく見かける小鳥は、

幼虫を食べにきているのか。鳥の気持ちになれば、何となく、とろっふわっぷちっとした食感を想像できておいしそう。



 
eあげはチョウようちゅう.jpg




h葉を食む揚羽蝶幼虫.jpg





この後 サナギ(蛹)になってから羽化(うか)する。







 
aあげは蝶アゲハチョウ.jpg

あげは‐ちょう【揚羽蝶・鳳蝶】 
アゲハチョウ科のチョウの総称。また、特に同科のナミアゲハの通称。
翅は黄白色に黒条・黒斑があり、開張8〜10センチメートル。
幼虫は柑橘類の害虫。

広辞苑より

・・・・・・・・・・





その後、

一週間ほどして、丸々と肥えた10匹ほどの幼虫が、
一気にいなくなりました。。


鳥たちは食べ頃になるのを待っていたのか。。


幼虫がいなくなった途端に、


再び、



ひらひらと揚羽蝶が現れ、葉っぱに卵を産んでいきました。



鳥は、幼虫が大きくなったころをねらって食べにくるのだろうか。


揚羽蝶は、なぜ、幼虫が食べられたとわかるのだろうか。


ほんとに不思議です。










スポンサードリンク
・・・・・・・・・・・・・・・・
 







 





◇◇◇





本と末を取り違える本末転倒.jpg
 





広告



        

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
        

profile

手作り住所印のお店「寧洛菴」

手作り住所印のお店「寧洛庵」はこちら
あなただけのオリジナル住所印をお作りします。

「寧洛菴」は、日本で唯一の篆刻住所印専門店です。

お届けまでの日数は、現在約60日間いただいております。《誠に勝手ながら、多忙につき暫く休業致します(受注およびお問い合わせも休止させていただきます)。再開日は未定です。誠に申し訳ございません》

entries

categories

archives

        

スポンサードリンク

        

links

search this site.

others

mobile

qrcode