「シーリングワックス(封蝋−ふうろう−)の話」




封筒に手紙を入れてのりで閉じた後、

たいていは「〆」や「封」と書いたり、

封緘用のはんこを押されると思います。



これは、

手紙が勝手に開封されないようにするためのものです。



この時、「ちょっと一工夫してみたい」と思われる方には、

シーリングワックス(封蝋)という

アイテムをお勧めします。



私は、シーリングワックスを京都の文具店で求めていますが、

東急ハンズやロフトなどでも買うことができます。


色はお店により異なりますが、

グリーン・シルバー・ワインレッド・イエロー・アイボリーなど、

数多くあります。


一緒にシーリングワックス用の金属でできた鋳造印が

おいてあることも多いようです。



シーリングワックスは高温になりますので、

ゴム印には向きません。


高温でも安心の金属や石の印をオススメします。


消しゴム印などでも意外とできてしまうこともありますが、

(ろう)がピタッと印面に貼り付いてしまうと、

剥がすときにゴムがポロッと崩れてしまう恐れがあります。

私は、石に姓名を刻して封蝋用に使っています。




◇◇◇



それでは使い方の説明をします(下の方に画像があります↓)。



まず封筒の閉じ口をノリで閉じます。



そして閉じたところに、

シーリングワックスをライターなどで溶かし、


封筒にポタポタと落ちたところで10秒ほど待ちます
(待つことによって表面に薄い膜がはるためキレイに圧〔お〕せます)。



そしてまだ柔らかいうちに

その上からはんこを押します水で濡らしたティッシュであらかじめ印面を濡らしておくと剥がし易いですよ!



30秒ほど待ってから、

はんこを取り外すと、

蝋の上に模様や文字が浮かび上がっています。


粘土の上にはんこを押すことを想像されると、

分かり易いと思います。




封筒に限らず、

小包をひもで十字に縛って、

そのひもが十字に重なったところに

シーリングワックスを溶かして押印してもかわいいですね。


ひもで縛っていない小包なら空いているところに

シーリングワックスを溶かして押印するだけでも、

アクセントになっていいですよ。



とにかく使い方は十人十色。




 いろんな色のワックス ポタポタと溶かして 印を押す 封蝋完成

 



先ほど、

粘土の上にはんこを押すことを想像すると分かり易い、

と書きましたが、


これが中国古代で実際に使われていた本来の方法です。




古代では、

木簡文書などを入れた袋や箱にひもをかけたとき、

それを封緘するために粘土が用いられていたそうです。


こうして粘土に印が押されたものを


封泥−ふうでい−」と言い、


二千数百年前の中国戦国時代で使われたものが出土していて、

唐代頃まで封泥が使われていたそうです。

現物は博物館などでみることができます。




現在、印といえば紙に朱肉を使って捺すことが当たり前となっていますが、


もともと印は、粘土に圧(お)して使うものだったのですね。



シーリングワックスは、

古代の雰囲気を感じることができる洒落たアイテムだと思います。




因みに、封泥に用いられていた印の主な材質は、銅です。



当時の人たちは、

この印の鈕(ちゅう)にひもを通して大切に持ち歩いていたそうです。



その印鈕には、

亀・らくだ・馬・鳥・蛇などが美しく施されているものもあり、

当時の人々の印に対する思いがうかがえます。




そして、人が亡くなると、

印も一緒にお墓に埋められたそうです。



 

封泥.jpg






私たちが現在博物館などで見ることができる、

中国戦国・秦・漢時代の古銅印は、

約二千年の時を経て、土中から掘り出されたものです。


それらの印面には、

現代人から見てもドキッとするくらいモダンなデザインが多く、

眺めていても楽しいものばかりです。

以下に写真で少し紹介します。




 中国の古銅印
 古銅印の印面
 ・右−戦国時代の古銅印(BC404〜BC221)(壇鈕)「問和下心」
 ・中−秦時代の古銅印(BC221〜BC206)(壇鈕)「莫」 秦印は伝世が少ない
 ・左−漢時代の古銅印(BC206〜220)(亀鈕)「祁襃私印」









◇◇◇







 

ねいらくあん





スポンサードリンク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・






 
←木下綾乃さんの本です。
手紙を楽しく書くためのアイデアがたくさん紹介されています。
シーリングワックスについても詳しく載っていますよ。嬉しい












 




広告



        

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
        

profile

手作り住所印のお店「寧洛菴」

手作り住所印のお店「寧洛庵」はこちら
あなただけのオリジナル住所印をお作りします。

「寧洛菴」は、日本で唯一の篆刻住所印専門店です。

お届けまでの日数は、現在約60日間いただいております。《誠に勝手ながら、多忙につき暫く休業致します(受注およびお問い合わせも休止させていただきます)。再開日は未定です。誠に申し訳ございません》

entries

categories

archives

        

スポンサードリンク

        

links

search this site.

others

mobile

qrcode